衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

メニュー

GREETINGご挨拶

 ぬかが福志郎でございます。
 まず、新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げ、り患されたすべての方々、ご家族の方々にお見舞いを申し上げ、一刻も早いご回復をお祈り申し上げます。
 この新型コロナウイルス感染症に対しては、現在、政府はじめ官民が叡智を集め、全力を挙げて感染拡大の防止、医療体制の確保、治療薬の開発に努めているところです。
 まずは、これ以上の感染拡大を防ぐために、皆様におかれましても不要不急の外出をお控えいただきますようお願いいたします。
 また、今回の感染拡大に対する外出自粛により、日本経済も危機的な状況を迎えています。
 とくに、観光・運輸業、飲食業、エンタテイメント業などが大きな打撃を被っており、さらには、消費の低迷や世界的なサプライチェーンの途絶により製造業や一次産業、各種サービス産業の今後にも暗い影を落としています。
 こうした危機的な経済情勢に対し、政府与党は約117兆円規模の緊急経済対策を取りまとめ、感染拡大防止策に加え、新たに雇用の維持と事業継続のための資金繰り対策、税制上の猶予措置、生活に困難をきたしている世帯への給付金、中小・小規模事業者、個人事業者への給付金などを措置することといたしました。また、サプライチェーン対策、デジタル化等インフラ整備費も計上し、感染症収束後の経済のⅤ字回復を期するものとしています。
 これらの追加的な経済対策は4月下旬に国会で審議される令和2年度補正予算案に盛り込まれることとなっています。
 現下の緊急事態に迅速に対応し、感染症の拡大を防止するとともに、皆様の雇用、事業、生活などに関する将来不安を払拭していくことこそが国政を担わせていただいている者の使命であると私は痛感しております。
 感染症は皆様が協力し合うことで必ず克服できます。
 困難な局面がいましばらくは続きますが、皆様ご自身、皆様のご家族、皆様の大切な方や郷土茨城、この日本社会を守っていくために、なにとぞご協力をお願い申し上げます。

令和2年4月  衆議院議員