衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

メニュー

GREETINGご挨拶

 ぬかが福志郎でございます。
 まず、新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げるとともに、り患されたすべての方々、ご家族の方々にお見舞いを申し上げ、一刻も早いご回復をお祈り申し上げます。また、感染症拡大防止の最前線で日夜尽力されている医療関係者の皆様はじめすべての関係者の方々に敬意と感謝を表します。
 さて、今般の新型コロナウイルス感染症に関しては、緊急事態宣言が発出された4月から5月の厳しい状況からはいったん脱したものの、第二波第三波の感染拡大が懸念されているところです。
 他方、緊急事態宣言の発出に伴う社会経済活動の停滞により、国民生活、日本経済はなお深刻な状況にあります。
 政府においては、地方公共団体等とも緊密に連携しながら、感染拡大防止のために万全の対策を講じていくとともに、雇用、事業など国民生活を守り、日本経済を再生させていくための政策の総動員を行っているところです。
 皆様方におかれましても、これらの趣旨をご理解のうえ、感染拡大防止の取組みにご協力をたまわりますよう重ねてお願いいたします。
 このようなコロナ禍を克服するために、一般会計総額25兆6914億円の今年度第一次補正予算、同31兆9114億円の第二次補正予算において、家計を支援するための特別定額給付金、事業者の事業継続を支援するための持続化給付金、家賃支援補助金、資金繰り支援、雇用を守るための休業支援金、雇用調整助成金制度の拡充などに大規模な予算措置を講じるとともに、医療提供体制の充実強化、医療機関、医療従事者への給付、治療薬の開発に引き続き努めています。
 私は政治に携わる者のひとりとして、今回のコロナ禍を必ずや克服し、国民の皆様方が安心して生活のできる豊かな社会を再構築するために全力投球をしてまいる所存です。
 困難な局面がいましばらくは続きますが、皆様ご自身、皆様のご家族、皆様の大切な方や郷土茨城、この日本社会を守っていくために、なにとぞ引き続きご理解とご協力をたまわりますよう重ねてお願い申し上げます。

令和2年7月  衆議院議員