衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

メニュー

GREETINGご挨拶

 ぬかが福志郎でございます。
 新年あけましておめでとうございます。
 皆様方におかれましては、コロナ禍のさなかにもかかわらず新たな希望をもって新年をお迎えのことお慶び申し上げます。
 昨年は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、日本全体、郷土いばらきにおいても大きな影響を受けることとなりました。改めて亡くなれた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、り患されたすべての皆様にお見舞いを申し上げます。
 また、今もなお日夜を問わず感染症拡大防止のために闘っておられる医療従事者の皆様はじめ、エッセンシャルワーカーの皆様など、コロナ禍の克服のために尽力される全ての皆様に心から敬意を表します。
 先日、政府は1都3県、次いで2府5県に再び緊急事態宣言を発出いたしました。これらの地域に隣接する茨城県においても連日過去最高の感染者数が報告されており、不要不急の外出自粛など、県内全域で厳重な警戒が必要とされております。皆様方におかれましては、皆様ご自身、皆様のご家族、皆様の大切な方や郷土いばらき、この日本社会を守るために、政府、自治体などの要請へのご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 1月18日に召集される通常国会では、冒頭で令和2年度第3次補正予算案、次いで令和3年度当初予算案が審議されることになっています。これら予算案には、医療提供体制を盤石にするための項目が盛り込まれており、引き続き感染拡大防止に万全を期したいと考えています。特に第3次補正予算には、ワクチンの接種体制の整備、接種の実施のために5736億円を計上しており、2月下旬からのワクチン接種実施が期待されています。
 加えて、新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の審議も予定されており、改正特措法とコロナ対策予算により感染症対策の実効性がより高められるものと考えます。
 現在、コロナ禍によりさまざまな業種の方々が苦境に陥っていることと思いますが、政府与党は引き続きできうる支援策を講じ、事業の継続、雇用の維持・創出に全力を尽くしてまいります。
 郷土いばらきにおいても、皆様方の声に耳を傾けながら、あらゆる政策を動員し、感染症拡大防止とコロナ禍克服、経済再生が成し遂げられるよう、国政に携わる者として汗をかいてまいりたいと考えます。
 今後も引き続き、郷土いばらきの皆様方はじめすべての国民が将来に希望を持てるよう、さまざまな課題に全力投球してまいります。
 皆様のご指導ご鞭撻の程をよろしくお願い申し上げます。

令和3年1月吉日  衆議院議員

OFFICE事務所

本部事務所

住所 〒311-3832
茨城県行方市麻生3287-32
電話 0299-72-1218
FAX 0299-72-2691

茨城町事務所

住所 〒311-3107
茨城県東茨城郡茨城町小鶴112-1
電話 029-219-2946
FAX 029-219-2940

国会事務所

住所 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館824号室
電話 03-3581-5111 内線70824
03-3508-7447(直通)
FAX 03-3592-0468