自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2008年12月

2008/12/22

与党「中期プログラム」に関するプロジェクトチーム

ぬかが代議士は、税制抜本改革の道筋を示す「中期プログラム」に関する与党プロジェクトチームの座長として、麻生総理から直々の要請を受け、政府与党間の調整に当たりました。
 「中期プログラム」に消費税率の引き上げ時期を明記することについては、麻生総理の公約でもあり、これに慎重な姿勢の公明党との間で、ぬかが代議士が座長として先頭に立って調整を行った結果、「景気回復を前提に2011年度から実施する方針を明記する」ことで基本合意に達しました。
 この税制改革は、医療のたらい回しを回避したり、産婦人科、小児科などの医師不足の解消を図るため、安定した財源を確保することが目的です。
 また、年金についてもお年寄りに安心して老後の生活を送ってもらうようにすることと、働く若い人達の負担を適切にしていくことのバランスを考えて、お互いに助け合っていく社会を目指していくものです。
 いずれも景気が良くなり、経済の再生が確実になってから税制改革に取り組みます。 
 その後、「中期プログラム」は各党の党内手続きを経て、閣議決定で了承されました。

2008/12/11

韓日議員連盟 麻生太郎総理大臣
表敬訪問

 日韓議員連盟の幹事長を務めるぬかが代議士は、来日中の李相得(イ・サンドゥク)韓日議員連盟会長とともに、麻生太郎総理大臣を表敬訪問しました。
 会談では、世界金融危機への対応や二国間貿易、投資面などについて今後も日韓両国で協力していくことを確認しました。