衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の活動報告

2010年12月

2010/12/21

銚子大橋暫定供用 開通式

 ぬかが代議士は、神栖市と千葉県銚子市を結ぶ銚子大橋の茨城県側660メートル区間の完成を祝う「銚子大橋暫定供用開通式」に出席しました。
 来賓の祝辞で、川で隔てられた茨城県が発展するためには架橋事業が非常に重要であることを指摘するとともに、新橋の完成により神栖市波崎地区と銚子市との往来がますます盛んになり経済効果が期待されることを述べました。
今回の茨城県側の開通によって、銚子大橋架け替え工事は千葉県側の整備を残すのみとなり、新しい銚子大橋は平成24年春に全線開通となります。

2010/12/18

新著『政治はゲームではない』刊行

 ぬかが代議士の新著『政治はゲームではない ~戦略的日本開放計画~』が産経新聞出版から刊行されました。
 昨年の政権交代以来、民主党政権は内政や外交・安全保障政策で迷走し、日本の政治は混迷を極めています。こうした政治状況に対し、財務大臣、防衛庁長官、内閣官房副長官など国政の要職の経験したぬかが代議士は、「保守大道」の考え方に基づき、あるべき政治、国家像を提示するべく本書を著しました。
 本書は、ぬかが代議士の国会議員在職27年の政治活動におけるひとつの区切りを示すものであるとともに、政治、外交、安全保障、雇用、社会保障等の諸政策について新たな改革の方向性を示し、政権奪還を目指す強い意気込みを表すものとなっています。
 ぬかが代議士は、皆様方のご指導ご批判をいただき、さらに政治の本道を追求し、国家・国民のために精進していきたいと決意しています。
 是非とも御一読いただければ幸いです。

2010/12/02

衆参統合一院制議連 総会

 ぬかが代議士が幹事長を務める「超党派衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」(会長・衛藤征士郎衆議院副議長、略称:衆参統合一院制議連)の総会が12月2日に開催されました。
 総会でぬかが代議士は、昨年12月のスウェーデン視察を踏まえ、一院制の国会制度を採用している同国の国会のあり方について報告を行いました。
 この20年来、衆議院と参議院で多数を占める政党・会派が異なる「ねじれ国会」の状態がたびたび発生し、国会の機能不全の原因のひとつとなっています。
 衆参統合一院制議連は、このような問題を解決し、新しい国会のあり方を提言することを目的に設立されました。同議連は、衆議院と参議院のあり方を根本から検討し、将来的には一院制国会を実現し、国会議員定数の削減を目指すものとしており、年内に提言をまとめることとなっています。
 ぬかが代議士は、国会議員定数削減など新しい時代の議会像を求めて国会改革にも全力で取り組んでまいります。