自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2012年8月

2012/08/08

(財)茨城県自由民主会館 竣工式

 ぬかが代議士は8月8日、水戸市笠原町に完成した(財)茨城県自由民主会館の竣工式に出席しました。
 38年間にわたり自由民主党茨城県支部連合会の活動拠点として茨城県政の中心的な役割を果たしてきた前会館は、昨年の東日本大震災の被害を受けたため、同年12月に閉館式が執り行われ解体されました。そのため、茨城県庁近くに移転工事を進めていた新会館が、この度完成の運びとなりました。
 ぬかが代議士は、「この新会館の完成を機に、自民党員・党友が一丸となって政権奪還に向けてダッシュしていきたい」と決意を述べました。
 また、竣工式終了後には茨城県連主催のティー・パーティが水戸プラザホテルで開催され、県内から約1300名の皆さまがお集まりになりました。

2012/08/06~10

TPP交渉参加緊急阻止要請

 ぬかが代議士は、8月上旬、茨城県内のJA組合長からTPP交渉参加緊急阻止の要請を受けました。
 この要請は、野田佳彦首相が9月上旬に開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議においてTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉参加表明を行う懸念が高まったため、JAにおいて急遽行われたものです。
 組合長から要請を受けた際、ぬかが代議士は、農家の経営基盤強化や担い手育成を怠っておきながら、日本の農業を根底から破壊しかねないTPPに参加しようとする野田政権のやり方には反対であるとの考えを改めて表明しました。
 TPP交渉参加反対の声は県内の多くの農業者や住民の皆様から寄せられています。
 ぬかが代議士は、日本の農業や医療を破壊しかねないことから、民主党政権が推し進めるTPP交渉参加の動きについては断固として反対を貫き、各方面と連携しながら、政府が交渉参加を断念するまでともにたたかってまいります。