衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の活動報告

2015年7月

2015/07/23

JA茨城旭村メロン部会
設立50周年記念生産者大会

 ぬかが代議士は7月23日、水戸市内のホテルで開催されたJA茨城旭村メロン部会設立50周年記念生産者大会に出席しました。
 旭村(現鉾田市)では1963年に初めてプリンスメロンが栽培品目として導入されました。そして、1966年のメロン部会結成当初は部会員35人、栽培面積5haでしたが、50周年を迎える2015年には、生産品目はクインシー、アンデス、オトメ、キンショー、イバラキングと増加し、栽培面積は153ha、部会員も182人になりました。さらに今年からは、マレーシアへ輸出するまでに至りました。
 ぬかが代議士は生産者の皆さまの前で、「これまでの50年の歴史は大変重いものがあると思います。皆さまが築かれた歴史を大事にし、日本一の生産額を誇るメロンを今後も育成してください。」と述べ、さらに「日本の生きる道はモノづくりです。工業、産業、農業においても天から授かった地を活用して、伝統、文化、歴史を継承して世界に誇れるブランド力を築いてください。国と県、市、そして地域が一体的な努力をして生産基盤を守っていきたいと思います。」と挨拶しました。

2015/07/13

国道51号 鹿嶋・潮来バイパス 建設促進期成同盟会
平成27年度 通常総会

 ぬかが代議士は7月13日、行方市内で行われた国道51号 鹿嶋・潮来バイパス建設促進期成同盟会の通常総会に出席しました。
 同盟会は現在、潮来市内を通る2車線の国道51号の渋滞が激しいため、4車線の潮来バイパスを新たに開通することで、同市内の交通渋滞の緩和や安全性の確保、地域連携および地域産業の発展と向上を目指しています。
 平成17年度には潮来市小泉から洲崎までの2.5kmを事業化し、現在は延方西まで1.3kmが完成して、小泉から延方西間は工事を着手しています。また、平成20年10月には同市上戸から洲崎まで7.3kmの都市計画が決定しています。
 さらに本事業の関連事業として、潮来市と鹿嶋市を結ぶ神宮橋の架け替えや、東関東自動車道水戸線、一般県道潮来佐原線の4車線共用などがあり、ぬかが代議士はこれらの事業に対して全力で取り組むことを誓いました。

2015/07/13

霞ケ浦北浦治水利水環境促進同盟会
第73回通常総会

 ぬかが代議士は7月13日、行方市内で行われた霞ケ浦北浦治水利水環境促進同盟会の通常総会に出席しました。
 同盟会は、霞ヶ浦・北浦周辺地域の水質が安全安心で快適な環境と、生活産業の基盤となる水資源の確保を図るため、治水対策の推進、浄化対策と水質改善による泳げる霞ケ浦・北浦の復活、良好な水辺環境の創造、利用者の立場に立った整備の早期実現を目指しています。
 ぬかが代議士は総会の席で、霞ヶ浦・北浦の両湖は茨城県と周辺自治体の大きな資源であることを強調したうえで、国と県、周辺自治体が協力して両湖の水質浄化と水辺環境を向上させることにより、地域観光資産として地方創生の基盤としていくビジョンを語りました。

2015/07/08

日本下水道新聞 掲載記事
新たな法制度で挑む下水道の持続と進化

自由民主党下水道事業促進議員連盟会長 額賀 福志郎氏に聞く