衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の活動報告

2015年8月

2015/08/27

東日本大震災復興加速化本部総会

 ぬかが代議士が本部長を務める自由民主党東日本大震災復興加速化本部(以下、加速化本部)は8月27日に総会を開催しました。
 この総会では、この間の東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策の状況の報告が行われるとともに、復興予算にかかる来年度概算要求についての説明がなされました。
 ぬかが代議士は総会冒頭のあいさつで、本年5月にまとめた加速化本部の「第五次提言」を実行に移すものとして来年度概算要求が取りまとめられており、来年度からの「復興・創生期間」においても引き続き被災地の復旧・復興のために全力を注ぎたい旨の抱負を述べました。
 ぬかが代議士は、自由民主党における東日本大震災復興の責任者として、引き続き被災者の方々に寄り添いながら、被災地の復興に向け全力で取り組んでまいります。

2015/08/26

東関東自動車道水戸線、国道51号鹿嶋・潮来バイパス建設促進に関する中央要望

 ぬかが代議士は、東関東自動車道水戸線潮来~鉾田間建設促進期成同盟会、および国道51号鹿嶋・潮来バイパス建設促進期成同盟会(会長はともに 原 浩道 潮来市長)の皆さまから要望を受けました。
 両同盟会は国土交通省と財務省を訪問し、東関東自動車道水戸線については、潮来~鉾田間の早期開通に向けて十分な予算の確保、有料道路事業の導入、鹿島港周辺までの延伸等を、また、一般国道51号線については、潮来バイパスの道路整備推進のため財源の確保、早期全線事業化、鹿島バイパスの4車線化、および神宮橋の架替の事業推進等を要望しました。
 ぬかが代議士は、それぞれの建設促進期成同盟会から要望を受け、これらのことに対して全力で取り組むことを約束しました。

2015/08/26

茨城県港湾協会の中央要望

 ぬかが代議士は8月26日、茨城県港湾協会(会長: 錦織 孝一 鹿嶋市長)の皆さまから要望を受けました。
 茨城県には重要港湾として鹿島港、茨城港(大洗港区、日立港区、常陸那珂港区)があり、平成26年では茨城港で取扱貨物量の過去最高を更新し、県内の貨物量の合計は過去2番目となりました。茨城県港湾協会は、さらなる国からの財政的支援や、防波堤の整備など港湾機能の強化を進めていく必要があることから、平成28年度の港湾の整備予算確保のため、国土交通省へ要望活動を行いました。
 ぬかが代議士は茨城県港湾協会の皆さまから説明を受け、予算確保のために全力で取り組むことを約束しました。

2015/08/25

航空宇宙産業振興議連総会

 ぬかが代議士が会長を務める自由民主党「航空宇宙産業の振興を図る議員連盟」(航空宇宙産業振興議連)と「ビジネスジェットの利用促進議員連盟」(BJ議連)は、8月25日に合同で総会を開催しました。
 総会の冒頭あいさつでぬかが代議士は、日本初の純国産ジェット機であるMRJ(三菱リージョナルジェット)の開発が実現段階を迎えており、何としてもこれを成功に導いていかなければならないこと、また、日本の航空産業を裾野の広いものにしていくためにはMRO(航空機整備事業)を日本国内で展開していく必要があることを訴えました。
 総会では、経済産業省・国土交通省・防衛省・文部科学省から来年度の航空関連重点施策、内閣官房から政府専用機の導入検討状況のヒアリングが行われるとともに、森本浩通三菱航空機株式会社社長からMRJの開発状況の説明を受け、出席議員間で活発な意見交換が行われました。
 ぬかが代議士は、航空・宇宙産業のさらなる発展を図るため、産業界や官公庁と協力しながら航空宇宙産業振興議連やBJ議連での活動を行ってまいります。

2015/08/15

りぶる9月号 掲載記事

 東日本大震災復興加速化本部は、5月29日に復興加速化のための第5次提言をとりまとめ、安倍晋三総理に手渡しました。被災地域の現状と課題、第5次提言や復興加速化のポイントについて、額賀福志郎本部長にうかがいました。

復興の加速化でふるさとに夢を

2015/08/08

潮来祇園祭禮

 ぬかが代議士は8月8日、潮来市で毎年夏に3日間行われる潮来祇園祭禮に参加しました。この祭禮は潮来市の素鵞熊野神社の例大祭で800年以上の歴史があり、総数14台の奉納山車が祭りに花を添えます。山車に乗った芸座連が笛や太鼓で奏でるお囃子「潮来ばやし」にのって、総重量4トンになる山車が町内の若衆によって引かれる「曲曳き」は勇壮で祭りの最高潮を迎えます。
 ぬかが代議士は、この祭りに合わせて帰省した方々や近隣の住民の皆さま、見学客と一緒に伝統のある潮来の夏祭りを楽しみました。

2015/08/01

自由民主党茨城県第二選挙区支部
第19回定期大会

 ぬかが代議士は8月1日、小美玉市四季文化館「みのーれ」で開催された自由民主党茨城県第二選挙区支部第19回定期大会に出席しました。
 大会には、衆参国会議員の他茨城県会議員、市長、友好団体はじめ総勢約400人の党員・党友の皆さまが出席されました。
 大会では、わが自由民主党が昨年末の第47回衆議院議員総選挙において291議席を確保し、さらに同日実施された茨城県議会議員選挙においても改選前の議席を維持することができたことの報告がありました。さらに、来年7月には第24回参議院議員通常選挙が実施され、自民党候補者の必勝を期して全力で戦っていくことを誓い、わが党の理念に従って党勢を拡大し、党員・党友の総力を結集し活動することが全員一致で決議されました。

2015/08/01

サンセットフェスタ IN 天王崎

 ぬかが代議士は8月1日、行方市麻生の天王崎で開催された2年に1度の花火大会「サンセットフェスタIN天王崎」に出席しました。
 日中は36℃の猛暑でしたが、ぬかが代議士は会場に来られたお客様と一緒になって、打ち上げられた約6,000発の、壮大で豪華な花火大会を楽しみました。
 開会式の挨拶で地元麻生出身のぬかが代議士は、「半世紀前には海水浴場として賑わっていた天王崎を取り戻すため、霞ヶ浦沿岸で唯一天王崎だけはコンクリートの堤防を造りませんでした。将来必ず湖をきれいにして、昔のように子供たちが泳げる様にし、この霞ヶ浦という資産を子々孫々伝えていきましょう」と述べました。