自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2016年8月

2016/08/24

東日本大震災復興加速化第6次与党提言
安倍総理への申入れ

 自由民主党東日本大震災復興加速化本部長を務めるぬかが代議士は、8月24日、「東日本大震災復興加速化のための第6次提言」を公明党の井上義久東日本大震災復興加速化本部長とともに安倍晋三総理に申し入れました。
 6度目となる与党の提言では、10年間の復興期間の折り返し点を過ぎ、後期5年の「復興・創生期間」に入ったことから、被災された方々が自ら人生設計を描くことのできる「自立」をめざし、生活基盤・経済基盤づくりのための官民一体となった「協働」を求めるものとなっています。
 とりわけ、「原子力事故災害被災地域の再生」の項においては、放射線量が高く今もなお立ち入りが制限されている「帰還困難区域」の取扱いに初めて言及することとなりました。
 具体的には、①5年を目途に居住を可能とすることを目指す「復興拠点」を適切な範囲で設定すること、②国道6号など主要道路について除染を行うこと、③市町村が県と協議の上設定した復興拠点の整備計画を国が認定すること、④整備にあたっては除染とインフラ整備を一体的かつ効率的に行うことなどが主な項目であり、これらの実現のために法制度や予算を措置することなどを政府に求めています。
 この帰還困難区域の取扱いに際しては、今夏、福島県や「帰還困難区域」を抱える7市町村と丁寧な意見交換を行い、これら自治体の要望を盛り込む形でのとりまとめが行われました。
 ぬかが代議士は安倍総理に対し、この提言が「ふるさとに帰りたい」「ふるさとで生活再建したい」との被災者の方々の切実な声を反映したものであることを伝え、政府においてもしっかりと対応することを求めました。
 安倍総理からは政府として何ができるか早急に検討し、福島はじめ被災地の復興の加速化を図っていきたいとの決意が述べられました。
 ぬかが代議士は、引き続き自由民主党における東日本大震災復興の責任者として、被災者の方々に寄り添いながら、被災地の復興加速化に向け全力で取り組んでまいります。

復興加速化のための第6次提言はこちら