衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の活動報告

2017年6月

2017/06/19~20

福島県視察

 ぬかが代議士は、自由民主党東日本大震災復興加速化本部長として6月19~20日に福島県内の震災被災地を視察しました。
 初日は、今春に避難指示が解除された富岡町を訪問した後、福島第一原子力発電所内を視察しました。福島第一原発では、燃料デブリ調査のためにロボット投入が行われた1号機建屋内に入り、廃炉作業の進捗を確認しました。
 二日目は双葉町・大熊町の中間貯蔵施設の建設現場を視察した後、今春避難指示が解除された浪江町、飯舘村、川俣町山木屋地区を訪れ、地元首長や民間事業者の皆様と意見交換を行うなどしました。
 東日本大震災と福島第一原発事故の発災から6年以上が経過しました。
 福島の原子力災害被災地域においては、避難指示が着実に解除されているものの、双葉町、大熊町など帰還困難区域の住民の方々は避難を余儀なくされています。また、避難指示が解除された地域については、ふるさとへの帰還に向けた生活環境の整備は緒に就いたばかりです。
 福島の再生なくして日本の再生はありません。
 ぬかが代議士は、自民党の東日本大震災復興の責任者として、福島の再生のために引き続き全力投球してまいります。

2017/06/07

鉾田市長ほか
安倍晋三内閣総理大臣 表敬訪問

 ぬかが代議士は6月7日、鉾田市の鬼沢保平市長はじめ、長峰 茂道JAほこた組合長、皆藤 茂次郎JA茨城旭村組合長、「ほこたブランド大使」の皆さまとともに総理官邸を訪ね、安倍晋三内閣総理大臣に特産品の鉾田メロンを献上しました。
 鉾田メロンは全国でも出荷量日本一を誇り、同市では毎年6月6日を「鉾田市メロンの日」と定め市内の小中学校の給食にメロンを提供しています。また、今後は「涸沼」がラムサール条約に登録されたのをきっかけに、鉾田メロンを海外にも積極的に展開できるよう準備を進めているところです。
 この日、「ほこたブランド大使」からJAほこたのイバラキングと、JA旭村のクインシーを切り分けて安倍総理に試食していただき、総理からは「甘くておいしい、ぜひ世界に向かって輸出量を伸ばすよう頑張ってください。」と激励していただきました。

2017/05/20

自民党女性局茨城町支部第45回総会

 ぬかが代議士は5月20日、「いこいの村涸沼」で行われた第45回自民党女性局茨城町支部(高根沢 恵子 支部長)の総会に出席しました。
 ぬかが代議士は約150名が参加した総会で、『政治の動向』と題した講演を行い、 ①茨城県では戦後70年余りの中で筑波研究学園都市や鹿島工業地帯の誘致をはじめ、鹿島港などの重要港湾、高速道路、茨城空港など経済社会基盤の整備はほぼ完了、②今後は農業、水産、観光それに工業などを組み合わせて、稼げる成長産業化が必要━と訴え、新しい茨城県の発展を考える政治が必要と強調しました。
 講演後、今年9月の任期満了にともなう茨城県知事選挙の立候補予定者で自民党茨城県連が推薦する大井川 和彦 氏の必勝を期して、参加者全員のガンバローコールで締めくくりました。