衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2018年5月

2018/05/27

奈良薬師寺 東関東別院 水雲山潮音寺
鐘楼 竣工式

 ぬかが代議士は5月27日、奉賛会長を務めている潮来市の奈良薬師寺 東関東別院 水雲山潮音寺でおこなわれた鐘楼の竣工式に出席しました。
 潮音寺の鐘楼は2011年の東日本大震災で崩壊し、今は仮の鐘楼が組まれています。
 今年は昭和50年(1975年)に慈母観音を本尊として水雲山潮音寺が開山されて以来40年目を迎えるため、今年中に鐘楼を再建することができるように、この日、「鍬入れ」をおこないました。
 ぬかが代議士は挨拶のなかで「東日本大震災発災時、大規模な液状化の被害を受けたこの潮音寺と、その時崩壊した鐘楼を再興して新たな鐘の音を響かせることが、地元の皆さま方の心の復興にもつながり、地域の発展に結びついていくものと信じています。」と述べました。

2018/05/26

第67回 水郷潮来あやめまつり 開会式

 ぬかが代議士は5月26日、潮来市の水郷潮来あやめ園で開催された第67回「水郷潮来あやめまつり」の開会式に出席しました。
 水郷潮来あやめまつりは昭和27年から開催され、今年で67回目を迎えます。園内には約500種100万株の"あやめ"が植えられ、6月24日(日)までの期間中は「嫁入り舟」や「ろ舟遊覧」等が楽しめ、夕刻にはあやめ園がライトアップされています。
 ぬかが代議士は開会式の挨拶で、「今日も県内外から多くのお客様がみえています。潮来市のまちづくりでは、観光に必要とされる東関東自動車道の早期開通と、国道51号潮来バイパスの開通に向けて全力で取り組み、東京オリンピック・パラリンピックの2020年までに開通するように努力したい」と述べました。

2018/05/15

第50回日韓経済人会議

 日韓議員連盟の会長を務めるぬかが代議士は、5月15日、東京都内で開催された第50回日韓経済人会議開会式に出席しました。
 同会議の開会式は、高円宮妃久子殿下、安倍晋三内閣総理大臣などのご臨席のもと、300人以上の日韓の経済界のトップが参加しています。
 来賓あいさつでぬかが代議士は、本年に入り激動している朝鮮半島情勢に触れ、相次ぐ南北会談、米朝会談が北東アジアに平和と安定に結びつくことへの期待を示しつつ、日韓両国と米国が連携し懸案の核・ミサイル・拉致問題について着実に結果を出していくことが重要である旨を訴えました。
 また、これに先立つ5月14日には、キム・ユン韓日経済協会会長はじめ韓国からの代表団とともに、総理官邸に安倍総理を表敬訪問しています。
 ぬかが代議士は、議員外交を通じて日韓の友好協力関係の発展に努めるとともに、官民の政治、経済、文化交流を一層強化していくために全力投球をしてまいります。