衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2018年9月

2018/09/23

潮来市 戦没者追悼式
行方市 戦没者追悼式

 ぬかが代議士は9月23日に潮来市、9月30日に行方市でそれぞれ執り行われた戦没者追悼式典に出席しました。
 先の大戦で茨城県では53,000人余りの犠牲者が出ました。会場には戦没者のご遺族、御親族、関係者の方々が参列され、追悼の祈りをささげました。
 ぬかが代議士は、追悼の言葉で「先の大戦から学びとった多くの教訓を改めて深く心に刻み、国際社会において重要な地位を占める一員として、自らの国を守り心豊かに平和に暮らせるより良い社会を実現し、人々の求める恒久平和を確立するため全力を尽くすことを、ここに改めて誓います」と述べ、式典に参加された皆様方と共に心から哀悼の誠を捧げ、御霊の心安からんことを祈りました。

2018/09/01

鹿島神宮 例祭

 ぬかが代議士は9月1日、地元の鹿島神宮の例祭に出席しました。
 鹿島神宮の祭神は武御雷大神(タケミカヅチノオオカミ)が祀られ、今日まで「武道の神様」として親しまれています。必勝を祈願して茨城県内外から参拝に訪れる人が現在も多くいらっしゃいます。
 例祭は鹿島神宮で最も重要な祭典の一つで、神幸祭には提灯で飾り立てた青竹を奉納する「提灯祭り」が2日間にわたって執り行われます。
 ぬかが代議士は、例祭の伝統ある厳粛な神事に参列したあと、鹿島様の前で「天下泰平、世の中が平和で国民の皆様の給料も上がっていくような豊かな社会を目指します」とお祈りしました。

2018/07/28~8/5

衆議院情報監視審査会
中東・欧州視察

 ぬかが代議士が会長を務める衆議院情報監視審査会は7月28日から8月5日にかけて、情報機関に対する議会監視等実情調査のためイスラエル、フィンランドおよびデンマークを訪問しました。
 イスラエルでは、日本の情報監視審査会に相当するイスラエル国会外交防衛委員会情報小委員長など立法府で安全保障に関係する議員等と意見交換を行いました。
 フィンランドおよびデンマークにおいては、政府のインテリジェンス(情報)部門の担当者や国会における情報機関統制の責任者と活発に意見交換を行っています。
 ぬかが代議士は、行政における特定秘密の運用を監視する立法府の責任者として、引き続き国民の知る権利に資するべく、情報監視審査会の活動を積極的に行ってまいります。