衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の活動報告

2019年4月

2019/04/27

潮音寺開山会大法要

 ぬかが代議士は4月27日、潮来市の慈母観音 水雲山 潮音寺で行われた、潮音寺開山会大法要に参列しました。
 潮音寺では、昨秋、東日本大震災の液状化により失われた鐘楼も落慶し、今後は誰もが写経できる「千体薬師佛」を祀る「まほろば道場」の復興を目指すと同時に、花の寺にすべく牡丹の花を植樹しています。
 ぬかが代議士は、挨拶の中で「慈母観音を祀る潮音寺では、鐘楼落慶により鐘の音も復活し徐々に本来の姿を取り戻しつつあります。これからは地元の人々の心の癒し、拠りどころとなり、さらには近隣の市町村ばかりではなく日本中や世界中に、その慈愛の精神を伝えて下さい」と述べました。

2019/04/27

自民党 茨城県連女性局茨城町支部
平成31年 第47回総会

 ぬかが代議士は4月27日、いこいの村涸沼で開催された自民党茨城県連女性局茨城町支部(高根澤 恵子 支部長)の総会に出席しました。
 ぬかが代議士は挨拶の中で、今夏実施される参議院議員選挙における女性局茨城町支部の皆さまのご協力をお願いし、支部の一層の躍進と結束を求めました。
 さらに、「5月1日に元号が『令和』となります。平成の約30年はバブル経済の崩壊から経済の長期停滞に見舞われた困難な時代でした。しかし、最後はアベノミクスで明るい見通しも持てるようになりました。令和は平成の基盤づくりの上に立って飛躍の時代にすべきだと思います。その意味でも『政治の安定』が求められます」と述べました。
 なお、本年の総会では上月 良祐 参議院議員を講師に迎え「地方創生の現状と未来」と題して講演をしていただきました。

2019/04/07

百里基地 観桜会

 ぬかが代議士は4月7日、航空自衛隊 百里基地内で開催された観桜会に出席し、たくさんの出席者の皆さまとともに満開の桜を楽しみました。
 この観桜会は平成23年の東日本大震災発災後は「観緑会」として、ささやかなイベントを続けてきましたが、本年は観桜会として9年ぶりに開催されました。
 ぬかが代議士は挨拶で、百里基地開設から50年以上にわたり日夜訓練に励んでおられる隊員をねぎらった上で、「5月から年号が令和になります。令和は万葉集の梅の花を題材にした詩から引用したもので、梅といえば、ご存知の通り茨城県の県木になっています。寒い冬の間、地中でエネルギーを貯めて、一気に花を咲かせ春の訪れを知らせます。かつて水戸藩の九代藩主 斉昭候は「梅は天下に魁かけて花を開く」として、時代の先駆けたらんとする政治の哲学を訴えておられたことを思い起します。」と平成から令和の時代にかける意気込みを述べました。