自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2009年12月

2009/12/03

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨

皆さん、いよいよ今国会も、36日間プラス会期延長の4日間が明日で終結です。しかし、考えてみると、今度の国会、私の印象としては真に無味乾燥、内容空疎な国会だったと。中身は何があったのかという感じがします。鳩山総理の献金疑惑については、色々と党首討論や予算委員会の集中審議を要求しましたが、きちっと国民の前に明らかに説明をすべきだったのに、そういうことは葬り去られた。果たしてこれが正しい国会運営の在り方だったのか。また、鳩山総理自身はかつて自ら「秘書の責任は政治家本人の責任である」と言ってきた言動とあわせると、全く無責任極まりない国会に対する対応ぶりであったと改めて感じます。

 同時に、景気がどんどん悪くなっているにもかかわらず、我々がつくった14兆円の補正予算については、これを約3兆円蹴っ飛ばし、その代わりにどういう景気対策、あるいは経済政策を打ち出したのかというと、全くそれもなされていない。

 そういうことで景気が段々落ち込んでいく。そして3兆円を削った予算を、今度はこれを元に戻して補正予算をつくろうとしている。一体何を考えて政策運営をしているのか全く分からない。

 臨時国会において、例えば亀井金融大臣の、いわゆる「金融円滑化法案」ですが、茂木先生等々、質疑で国民の前に明らかにしていましたが、実質的に意味はあまり持たない。同時に、郵政の株式の凍結法案も実質的にあまり意味は持たないけれど、これも数時間の審議で強行採決をしている。

 国会の場においてはこんな程度で、彼らがマニフェストに謳っていた「子ども手当」の問題や、農業の「戸別所得補償方式」については、全く説明がなされていない。未だに工程さえはっきりしていない。農家の皆さん方は、今度の米作りをどうしていくか、非常に戸惑いを見せながら逡巡しているのではないかと思います。

 また、外交・安全保障においても、今日、普天間の問題については、年内決着が難しそうだという政府首脳の話がある。そして、社民党においては、県外・国外でなければ「重大な決意」をしていると言う。いかなるテーマについても内閣の決断がない。責任を負おうとしない。こういう体たらくで本当に日本の国政、日本の安全保障、日本の困難な経済問題にどう対処していくのか。全く説明がなされないところに憤りを感じるのは、私一人ではないと思います。

 ただ「政権交代」や「事業仕分け」などの活字だけが躍っている中で、支持率がなかなか下がらないという点もありますが、我々は、今国会が終われば、国会の中の議論、それから政策やマニフェストの公約に、民主党がどういう対応をしてきているかについて、よく国民の皆さん方にお訴えをし、そして、本当に国民の皆さん方がこれから何を望んでいるか、何を求めているか、そういうことについて、肌に感じるような形で吸い上げてきていただいて、来年の国会でしっかりと議論をしていただきたいと思います。

 ある意味では、民主党がやってきた「事業仕分け」等についても、これは無駄を省くと言う意味の財源探しである。あれだけの公約を実現するためには相当の財源が要るわけですから、財源探しをしたけれど財源が見つからない。結果的には膨大な借金で政策をつくっていかざるを得ない。そういう、いい訳の政治手法をやっていたと言われるでしょう。そういうことについて我々は問題意識を持って、しっかりと対応していく必要があると思います。

 我々は、今年は1月5日から国会を開いて、そしてリーマン・ショック以来の景気対策、日本の経済をどう立て直すかについて、20年度第一次補正、第二次補正、そして21年度通常予算、さらには21年度補正予算。危機意識を持ってしっかりと対応してきたのと比べると、国民に対する責任を果たしてきた政党と、果たしていない政党が歴然としていくと思いますので、皆さん方におかれましても、そういうことを国民の皆さん方にお知らせをしていただいて、そして我々は来年の通常国会で「自民党ならこうしますよ」という形を持って、来年の重大な政治決戦である、参議院選挙に立ち向かっていかなければならないと思います。

 それから、わがグループの運営ですが、今年中に一回、運悪く議席を得られなかった方々をお呼びして意見交換をすること。それから新年には議員同士で、新たな国会運営、あるいは新たな参議院選挙に向かうためのお互い共通の認識を持つ場を考えていきたいと思っています。

 今国会、皆さん方におかれましては、自由民主党が大敗を喫した後、お互いに連携をとりながら、今日までご協力をいただいたことに対して、心から感謝を申し上げます。皆さん方におかれましては、充実した形で新しい年を迎え、元気よく新年の政治活動が展開できることを期待しまして、あいさつに代えます。

ありがとうございました。