自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2010年2月

2010/02/25

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨

皆さん、連日非常に不安定な国会の中でご努力、汗をかいていただきまして、大変ご苦労様でございます。

 議長に対する不信任案、それから議運委員長に対する解任決議案が出されたということです。今度の国会は「政治とカネ」が最大の焦点です。したがって、我々野党はお互いに連携しあって、国会における政治倫理、政治責任を追及する場をきちっとしていただきたいということでしたが、結果的に議長、議運委員長の指導力不足で、何ら解決への目途がたっていない。国民に対する説明が出来ていない。そういう意味で不信任案、解任決議案が出るのは当然のことだと思っていますので、我々もしっかりと一致団結して対応していくことが望ましいと思います。

 もう一つ、一致団結の話と関連しますが、我々は先の選挙で学んだことは、自民党がこれから反転攻勢をして、国民に対する信頼を取り戻していくためには、党内がお互いに連携しあっており、てんでんばらばらであるという印象は是非避けていかなければならない。

 そういう意味で、党内が今度の参議院選挙に向けて、しっかりと政策立案をして対応していく形を、是非、執行部の皆さん方にお願いをしたいと思います。

 もう一つ、最近党内で「派閥の解消」という議論がなされております。ご承知の通り、かつての中選挙区時代の派閥のあり方については、最近の小選挙区になってからの党主導的な運営の中に選挙も日常活動もおかれていますので、従来の派閥の弊害、マイナス面というのは、私は相当解消されている問題だと思っております。

 今、我々が問われていることは、党の再生、新しい党をつくっていくために、あるいは日本の将来のために、政治家が、我々が何をなすべきかであって、むしろ民主党の幹事長室支配、あるいは共産党にように民主集中制という形で行われていくのではなくて、自民党は自由活発な議論の中、多様性を重んじる中で、わが国の方向、自民党の大要をつくってきたという、よき伝統はちゃんと守っていく必要があると思います。

 その意味で、我々は少数政党として転落していくならばともかく、政権復帰をして大政党として伸びていくためには、政策グループのなかで、お互いに同志的なつながりを維持し、あるいはまた、選挙の際に助け合っていくことが必要です。また、今回のように多くの同志が落選をしているときに、心のふれあいがあって、しっかりと支えあっていくことが重要です。そういう意味で、政策グループの良い点はしっかりと踏まえて対応していくのが望ましいと思います。

 むしろ、今のようなときはいいところを見つめて、それを引き出す中で党再生、新しい出発に結び付けていくことがいい。マイナス面を掘り起こして、そして、印象を悪くしてやる気を失わせしめていくよりは、いいところをきちっと引っ張り出して、党の元気を取り戻すことがいいのではないかと思います。

 問題提起としては受け止めますけれど、かつて福田赳夫政権下の時も刷新議員連盟というのが行われて、派閥解消論議がありました。1994年に自民党が野党に転落しているときも、河野総裁の下で派閥解消という議論が行われました。しかし、結果的には政治集団として、あるいは政策グループという形として今日まで来ているわけです。

 そういう流れを踏まえて、お互いに切磋琢磨をしていくことが望ましいと思いますので、是非皆さん方とも話し合って、この伝統あるグループをどういうふうに今後活発化していくかについて、色々と考えていきたいと思います。

 いずれにしても、国会がいよいよ正常化されていくという段階ですので、お互いに国会の審議を通じて、国民の理解を得るように全力投球していきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。

2010/02/18

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨

平成研のメンバーの皆さん方におかれましては、国会において、衆参両院ともども熱心にご議論をいただいており、誠に敬意を表する次第でございます。

 ちょうど国会が始まって一か月になります。毎日論戦をしていますが、はっきりしていることは、鳩山総理自身の献金の問題、また小沢幹事長の秘書の逮捕など、相次いで金の問題が出ています。最近は北海道教職員組合の選挙絡みで、疑惑が生まれました。

 民主党を支えているのは労働組合であり、その労働組合が選挙部隊であることは間違いがない。この北教組の問題は氷山の一角である。これは他の労組にもそういう問題がないのか、しっかりと究明をしていく必要があると思います。?? 選挙前の民主党に対する、ある意味では清潔なイメージが、相次ぐ金銭問題、「政治とカネ」の問題で、だんだんと化けの皮がはがれて、国民の皆さん方の印象も変わりつつあると思います。

 その他、政策の問題においても、すべてのマニフェストが違反であるか、または実行されていない。裏づけがない。そういうことがこの一か月の論戦の中で暴露されています。つまり選挙向けや、国民の皆さんが方に受けのいい美辞麗句を並べてきたことが、基本的に財源不足で実行されなくなりつつある。

 閣僚の中でも、財源不足で「子ども手当」は、来年は全部公約通りにいかないじゃないか。菅大臣も「消費税の議論をしなければ、これは全く空論みたいになってしまう」というような話ですから、政府内部でも、そういう喧々諤々(けんけんがくがく)の議論が起こりつつある。つまり、政策の基盤が成り立っていません。

 外交・安全保障の問題においても、17日は対案が出るということでしたが、与党内でなかなかまとまらず普天間の対案は出て来ない。5月末までに結論を出すということが本当に出来るのか、責任を果たすことが出来るのか。次から次へと政権の脆弱性が生み出されていく。

 その結果、支持率も下がっている。時事通信・日本テレビの世論調査では30%台です。国民の皆さん方にとってみれば、民主党についての政治姿勢や期待度、そういうものが日ごとに失望の段階に来ているという気がします。

 我々は反転攻勢をしていくためには、税財源や、社会保障の問題、景気対策、また、成長戦略においても、「わが党ならばこうする」ということを参議院選挙に向けて、しっかりと提示をしていく必要があるのではないか。

 外交・安全保障の問題でもそうだと思います。民主党の外交・安全保障の軸は全くぶれている。政策展望、将来の日本の安全保障の構想は一つも語られていない。そういうことについて、しっかりとわが党も政策構想を練り上げて、「やっぱり自民党だ」という形を、政策をもって示さければならないと思います。
? その意味におきまして、それぞれの部署、部署で汗をかいている皆さん方が、一生懸命問題意識を持って取り組んでいってもらいたい。

 わが平成研でも、そういう政策の問題について、きっちりと提言ができるようにしていくことが大事だと思っています。皆さんとよく相談をしながら、きっちりと国民の皆さんから期待を持てる環境作りをすることに、お互い頑張っていきたいと思います。

 本日、衆議院予算委員長の解任決議案が出ておりますが、民主党は「政治とカネ」の問題においても、十分な論議をしておりません。全く逃げの一手です。予算委員会等で、社会保障、税財源、外交・安保の問題についても集中審議を行って、しっかりと我々の考え方を示していく。そして、民主党の政策基盤がいかに脆弱であるかということを議論していく。そのような意味で、今回の私は解任決議案の提出は適切であると思っています。お互いにこの点の確認をして、本日の本会議に臨む事が大事だと思っています。

 ありがとうございました。

2010/02/04

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨

 昨日、幹部会が開かれまして、色々国会の情勢、あるいは予算審議等々について議論をしている中で、金田勝年先生から、「民主党が、まだ予算が決定していないにもかかわらず、全国の公共事業の箇所付けについて、ひどい時は各県連で記者会見を開いて発表したり、各市町村長にこれを流していることに問題がある」というご提起がございました。

 我々も意見交換をしたところ、これは重大な問題で、聞き捨てておくわけにはいかない。なぜならば、まだ国会審議中で予算は通っていない。甚だ国会軽視である。我々も政権与党時代は、「政府与党一体化」ということはよく言いましたが、民主党のやり方は、言ってみれば「政府への一元化」ではなく「与党への一元化」ないか。

 しかもなおかつ不純な発想で、選挙対策的な意味合いがものすごく強い。こういうことは許されるものではないということ。また、立憲主義の三権分立の下において、こういうことが許されていいのかという問題もある。

 そのようなことから、この問題について党の執行部、あるいは国対関係者に、我々もすぐ問題にしてもらいたい。きっちりと毅然とした態度をとってもらいたいということで働きかけをし、結果、昨日は予算委員会が流会をして、民主党からの回答待ちであるということを聞いております。

 かつて平清盛が権勢を振るっていたころ、「平家にあらずんば人にあらず」と言われておりましたが、民主党は選挙に勝ったからといって、勝った者は何でもできる、「民主党の議員にあらずんば政治家にあらず」みたいなおごりがある。こういったやり方について、我々は断じて抗議をしていかなければならない。

 そのようなことを踏まえ、これからの国会審議に臨む中で問題点を明らかにして、「おごれる者久しからず」という形の結論を導き出していくことが大事だと思います。

 今日の新聞報道で一斉に、勾留期限のくる小沢幹事長の元秘書ら3人が起訴をされるということと同時に、小沢幹事長が不起訴処分ではないかという観測記事が流れています。

 石川議員については、党で辞職勧告決議案を出すという方向で整理をしているということですが、これまでの経験からすると当然のことだろうと思っています。

 検察庁の処分がどういうふうになるかまだ分かりませんが、仮に小沢幹事長が不起訴であっても、これは刑事処分を免れたわけではないし、また潔白が証明されたわけでもない。今後、新証拠でも出ればまた別の次元の問題になる。

 これについては我々もしっかりと政治的、道義的な責任も含めて、国会の場で追及をしていく必要がある。

 小沢幹事長の監督責任というものもある。鳩山総理の場合は、自らの元秘書が起訴されたときは、「責任を感じている。国民の皆さん方に深くお詫びをする」という口先だけのお詫びで終わっていますが、やはり政治家はきちっとそれなりの責任をつけていくことが大切ではないか。そういう問題意識を持って臨む必要があると思っております。

 いずれにいたしましても、今度の予算委員会は民主党の「政治とカネ」の責任の問題。また、予算のバラマキ的な要素の誤りを正して、そして、「自由民主党」と「自由のない民主党」の違いをきちっとさせて、参議院選挙に向かっていくことが大事であると思っております。

 我々会員の仲間はお互いに情報交換をして、一致団結して党を支えて努力させていただきたいと思います。皆さん方の持ち場におけるご奮闘をお願いして、挨拶にかえます。

 頑張ってください。