衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の今週の直言

2011年9月

2011/09/15

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨

 野田政権になって初めての臨時国会が一昨日から行われています。しかし、会期はたった4日間。東日本大震災の復旧復興が全く進んでいないし、台風12号の甚大な被害も出ている。しかも円高、EU経済、アメリカ経済がどういうふうになるかわからない。世界の大恐慌にまで行って沈没するかもしれないというときに、全く政府は説明をしようとしない、議論をしようとしない。これは、民主党、野田政権の隠蔽的な体質がそのまま現れていると思います。こんなことは自民党政権時代、全くありませんでした。われわれはいつも国会を重視し、国民に対して説明責任を果たし、国民を大事にして、会期幅あるいは会期延長を決めてきた経緯があります。
 平野博文国対委員長が、まだ内閣が出来たばっかりで、ホヤホヤで国会答弁もままならない不十分内閣、不完全内閣だからと言って、国会を4日間で閉めてしまうということは言語道断です。私たちはしっかりとこのことをそれぞれの選挙区に帰って、国民の皆様に不完全内閣を訴え野田政権の体質、民主党の傾向と国会軽視について強くアピールしていく必要があると思います。
 もう一つは、野田政権の所信を私も通読させていただきましたが、鳩山元総理、菅前総理もそうだったけど言いたいことは唐突に発言はするけど、実行はしない。後始末はしない。言いっ放し内閣です。野田さんもあの所信演説の中で、自らの責任を果たすと書いたのは全くありません。例えば、東日本大震災の復旧復興に対しては、これは重責を感じている。ということは書いてあるが、どういうふうに処置していくかは全く説明をしていない。
 もう一つは、財政再建については緊張感を持ってやっていかなくてはならないのは、自らの責任としてきちっと整理しているのではなくて、政治家としての責任をわれわれは考えていかなければならないという問題提起をしているだけ。要するに自らの問題として全く問題提起をしていない。だから抽象的な美辞麗句を並べているだけあります。
 その上で、3党合意、あるいは3党協議をよろしくお願いします、とさかんに強調しています。われわれは破綻した民主党マニフェストと、これから復旧復興計画の具体的な第3次補正予算をどういうふうに提示してくるのか。円高や経済対策についてどういう形でわれわれに提案をしてくるのか。そういうことをよく見定めて、そして、その制度設計はどうなっているのか、財源はどうなっているのか。そういうことをしっかりと確認したうえで協議に臨むべきであって、安易に3党協議のテーブルに着くべきではない。むしろ、向こうが提示が出来なかったならば、自民党の案として、従来、復旧復興でわれわれが賠償計画、基本法、がれき法案、様々な問題について具体的に議員立法で提示したように、「自民党ならばこうします」というのをきっちりと提言をして3党協議に臨むべきであると思います。
 わずか4日間ですが、この民主党の隠蔽体質をしっかりと国民に理解してもらい、われわれは復旧復興の第3次補正予算が済んだら解散に追い込む。そういう体制をしっかりとつくっていかなければならない。
 われわれも自民党政権時代に小泉政権の後、安倍、福田、麻生と1年で総理大臣が代わったという経験、反省があります。そこはわれわれはしっかりと踏まえておかなければならないけど、民主党も同じ轍を踏んでいて過去の歴史を学んでいない。民主党は当時、「たらいまわしではなくて国民に信を問うべきだ」と言ったので、野田政権は信を問うことを優先してやってもらいたいと思います。
 お互いに極めて大事なときですから、平成研は一致団結して戦う姿勢で頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。