衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の今週の直言

2011年10月

2011/10/20

平成研究会 総会 会長あいさつ要旨 

 いよいよ今日から臨時国会がスタートします。我が平成研究会もそれぞれの分野で汗をかいていくことになりました。しっかりと国民の期待に答えていただきたいと思います。
 今国会の焦点は、ご承知の通り第三次補正予算です。しかし、この補正予算の中身は様々な問題点が生まれています。ここまでの過程で税外収入は5兆円や7兆円など与党は右往左往しました。正式な決着はついていませんし、これからの継続案件となっています。
 もう一つ納得ができないのは、政府与党は5年間の集中期間で復旧、復興を19兆円と言っています。しかし、今度の第三次補正予算を含めると既に18兆円を予算に組み入れています。そうすると、あと5年間で1兆円でしか仕事をやらないのかということになります。そんなことはあり得ない訳で、政府は全体像を何も示していないのです。政府の災害の被害額は最大で23兆円だったと思いますが、これも信じられません。全体像を示し、第一次、第二次、第三次補正予算をどういうふうに位置付けていくのかを明確に示すべきです。
 そういう意味で、今国会はしっかりと政府与党の対応をただしていきたい。自民党は先般、第二次補正予算で17兆円の予算を組みなさいと申し上げました。我が党の考え方を対比させて政府与党を追及していく必要があります。
 また、第三次補正予算については、私も東日本大震災復興特別委員会で政府の考え方を質しましたが、今度の12兆円の中には円高対策や年金対策、B型肝炎対策など数兆円のお金を復興債という形で財源手当をしているので、何が復興予算なのかわけの分からない予算の組み立てとなっています。私はしっかりと区分経理をしていく必要があると思っています。
 さらに償還期間の対応ですが、政府は15年くらいと与党に投げているようですが、我々は所得税の負担を軽減していくためには、もう少し長期に考えていく必要がある。10年では年収500万円で夫婦と子供2人の家族では、大体、月300円弱くらいの負担になると思いますが、私はもう少し長期にして、月100円くらいの負担にして、将来、復興財源あるいは復興予算が増えていくにあたり、しっかりと財源確保ができる形をつくっていく必要があると思います。
 もう一つは、15年頃を目途に社会保障と税の一体改革をしていかなければならないことを自民党は公約していますので、将来、復興財源と社会保障財源がダブっていくことを考えた場合、国民負担が過重にならないことも視野に入れていかなければなりません。そうすると復興財源の確保はできるだけ長期にして、国民の負担を少なくしておく必要がある。そういう中長期的な考え方も必要なのではないかと感じています。
 各先生方におかれましては、今国会でしっかりと議論をして政府与党が抱えている問題点を浮き彫りにし、国民の理解を得るような形で第三次補正予算の対応をしていくことが大事である。最終的には反対するわけにはいかないと思いますので、我々の言い分をしっかりと政府に聞かせて、そして修正をさせていくことが大事だと思います。
 復興庁の問題でありますが、加藤勝信先生が修正の立役者です。政府は今、復興庁のあり方について、我々が主張してきたようにワンストップサービスで便宜を図れるようにすると共に、権限を大幅に委譲して復興庁で実施できるような機関にすべきです。ところが、もれ伝わる政府案とは相当な隔たりがあります。これは加藤先生を中心に問題点を追求し、政府に修正を迫っていかなければならないと思います。
 お互いに協力して今国会で野田政権の矛盾、頼りなさを浮き彫りにして、政権奪還のために道筋をつくっていくことが大事だと思います。