自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2012年11月

2012/11/08

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 皆さん、臨時国会が開会して10日程になりますが、日々ご苦労様です。また、予算編成に向けて、各業界の対応や税制改正の問題、予算編成の問題、ますます忙しくなっていくと思いますが、お互いにきっちりと将来の日本、そして景気など様々な要素を勘案して、我が平成研は従来通り連携を取っていきたいと思います。
 さて、米国ではオバマ大統領が再選されました。中国でも習近平体制が決まっていくことになります。韓国も大統領選挙が年末までに行われることになります。外交問題で一番大事なことは、過去の歴史、そういうことに照らし合わせてみて、「孤立しない」ということだと思います。しかしながら、今、中国は日本の民主党政権を相手にしないし、韓国も相手にしない。そして米国も鳩山元総理との信頼関係の失墜があり、それ以来、日米関係の信頼は地に落ちていると私は思います。再び周辺国と信頼関係を構築することは、今の民主党体制では容易ではないと思います。その意味では、まさに四面楚歌である。我々自民党が一日も早く政権復帰して、この関係を再構築していかなければならないという局面だと思います。
 内政においても、今日の本会議で特例公債法案の趣旨説明質疑が行われます。この前、話したように、国民生活を犠牲にするようなことは我々はしない。かつて民主党が特例公債法案でも何でも、国民生活を犠牲にして国会戦術に臨んできたことと我々は違うということを申し上げました。しかしながら、予算委員会や国会の場で堂々と議論もせずやっていくということは、政党としても総理大臣としても政治家としての責任を果たしていない。あるいは政権与党としての責任を果たしていないことになると思います。
 ある意味では、野田政権は玉砕覚悟で籠城作戦をしていると感じます。籠城作戦はどこかから援助が来ると思ってするのが普通ですが、野田政権にはどこからも援助が来ないだろうと思います。これでは国民だけが迷惑千万です。先般、3年前のマニフェストは全部降ろして全面降伏をした民主党ですから、当事者能力を失った民主党に、今更、細かいことを言うよりも、我々のグループの茂木敏充政調会長時代に政権構想を決めているので、外交安全保障においても、デフレ経済対策においても、あるいは地域の再生政策についても、しっかりと、「自民党ならこうする」という形で国民にアピールしていくことが最も大事ではないかと思います。
 もちろん国会の場では大いに議論して、民主党がいかにだらしないのか、政権担当能力を失っているのかをあからさまにすると同時に、最後に野田総理がいつまで嘘をつくのかを国民に浸透させて、早く解散して自民党政権に戻すことが我々の仕事です。緊張感を持って、自分の選挙と、そして天下国家論とを二つ同時進行でやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。