自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2013年10月

2013/10/24

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 参議院の予算委員会は山崎力予算委員長の下、順調に質疑が進んでいます。順調に進んでいる一つは政策が正しいからということと、もう一つは野党側の迫力不足かなという感じです。しっかりと議論をして国民の皆様に理解をしていただくことが重要だと思います。この後は各常任委員会でそれぞれの法案について議論をしていくことになります。
 平成研究会の先生方はそれぞれの要所要所で枢要な仕事を請け負っているわけですから、頑張っていただきたいと思います。私もNSC(国家安全保障会議設置)法案とこれから出てくる特定秘密保護法案について審議をする「国家安全保障に関する特別委員会」の委員長を仰せつかりましたが、しっかりと日本の安全保障、国民の生命と財産を守る体系づくりについて対応していきたいと思います。各先生方のご支援とご協力を賜らなければならないと思っております。
 衆参両院でそれぞれ初当選をなさった方々が大勢いますので、自民党の税制調査会で昨日から自公民3党で一体改革を行った背景や最近の税財政の状況、先般の秋の税制調査会での設備投資減税、所得拡大の税制など様々な成長戦略の土台となる税制改正をやらせていただきました。これは11月の中旬頃から本格的な来年度予算と税制改正の審議がスタートしますので、その前に税全体の勉強会をしようというものです。先生方には地元の空気を伝えたり、問題点の提起をしていただき、良い形で、「さすが自民党だ」となる様な「第3の矢」の政策をつくり、デフレ脱却に結びつけるという形にしたいと思います。
 ありがとうございました。