自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2014年12月

2014/12/25

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 選挙後、多くの先生方が立派な戦いを進めて再びと顔合わせを出来ました事は喜ばしいことです。残念ながら、林田 彪 先生が不運にも勝ち上がることが出来ませんでしたが、今後も仲間としてこれまでと変わらぬ気持ちでやっていきたいと思います。我々の勝利は国民の期待感の表れですから、これからはしっかりとした政策を示していくことが求められているのです。
 また選挙の際、参議院の先生方には全国的に歩いて頂いて、支えていただいた事に改めてお礼を申し上げます。
 新しい安倍内閣においては竹下 亘 復興大臣が再任されておりますし、加藤 勝信 官房副長官も引き続き政府を支える立場です。我々は安倍政権を支える立場からしっかりと一致結束していきたいと思います。
 茂木 敏充 先生には、自民党選挙対策委員長として今度の選挙を現場で仕切っていただいてこれだけの勝利を作っていただいたことに対し、敬意を表し称えたいと思います。
 今日から税制調査会は、本格議論をスタートしたところです。まず、歳入の在り方を考えて、その上で補正予算、来年度予算をしっかりと作っていかなければならないと思います。選挙区で主張したこと、また選挙の過程で国民の皆さま方、現場の皆さま方からお聞きした生の声を、どのように政策へ反映をしていくことが出来るかが今後の政治活動に大きな影響を与えると思います。しっかりと責任ある態度で議論に参加していただきたいと思います。
 アベノミクスは道半ばで、これからが正念場です。これまで消極的だった国民の行動、あるいは考え方は円高から円安、あるいは前に向かって行こうという形で大きく変わりつつあると思っています。我々も覚悟を決めて議論をして、良い予算・良い政策づくりをしていくことに全力を注ぎたいと思います。
 今後も来年の統一地方選挙、再来年の参議院選挙とありますが、この勢いが衰えることがないように共に頑張っていきたいと思います。今後ともお互いに切磋琢磨をし、一致結束をして対応していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。