自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2015年8月

2015/08/27

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 衆参両院の先生方には法案審議、来年度予算の概算要求についてそれぞれの部署で汗をかいていただきまして心から感謝を申し上げます。特に、参議院では平和安全法案について連日しっかりと対応していただいていることに御礼申し上げます。
 最近公表された4‐6月期のGDP速報値はマイナス成長という結果でした。中国の経済減速や欧州の金融不安など世界的な要因もありますが、足元をしっかりと見つめて日本は何をなすべきかを考えていく必要があると思います。
 まずひとつは、都市部と地方の格差問題をどうするかです。それぞれの選挙区で目玉は何かを真剣に考えて地方創生について考えていかなければならないと思います。また、大企業の収益は上がっていますので、給料に還元されて消費に結び付いていく環境をどのようにしていくか。あるいは、設備投資など我々は来年度の概算要求の中身をしっかりと議論をし、良い政策をアピールできるようにしていくことが大事だと思います。
 我々もこの問題についてしっかりと取り組んでいきたいと思いますのでお互いに頑張りましょう。

2015/08/20

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨
 
 いよいよ国会も終盤ですが、各先生方にはそれぞれの部署で汗をかいていただき心から感謝を申し上げます。安全保障法制も 佐藤 正久 先生や 石井 準一 先生が理事として頑張っています。我々も支援をして、できるだけスムーズに法案が通るように努力をしていかなければならないと思います。
 安倍総理の戦後70年談話では、韓国の 朴 槿惠 大統領は物足りないと指摘するものの、安倍総理が「侵略戦争」や「植民地」「反省」「心からのお詫び」など歴代総理が語ってきたことを揺るぎないものとすることについては評価をする形になりました。韓国においても日韓関係を大事にしようとする意思がみられますので、政府においてはできるだけ早く首脳会談が開かれるように、日本がリーダーシップをとるぐらいの気持ちでやってほしいと思います。
 中国側も評価すべきものは評価をし、抑制するところは抑制することで一定の評価をしていると思います。我々の重要な外交・安全保障の課題は、この地域の安定と日米同盟を軸にした安全保障体系の構築です。
また、安倍政権はデフレ脱却、経済成長を成し遂げるべくアベノミクスを展開してきて良い方向に向かいつつあるものの道半ばです。来年度の概算要求等もありますので、デフレ脱却、経済成長への道を確実なものにするため、党内でしっかりと議論を展開していただきたいと思います。
 これからも、安倍政権を支えて国の政策が実行されていくように我々は今後も一致結束をしてしっかりと頑張っていきたいと思います。