衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の今週の直言

2015年9月

2015/09/24

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 連休中はそれぞれ選挙区に帰り、地元の団体や後援会などと有意義な時間を過ごされたと思います。
 先週、参議院では吉田 博美 国対委員長をはじめ石井 準一 先生、佐藤 正久 先生に最前線で頑張っていただき、安保法制を無事に成立させていただきました。心から感謝を申し上げます。
 岸 信介 内閣の安保条約改定の時もそうでしたが、10年20年経った後、あれで良かったと言えるように我々がきちっとフォローをしていく責任があると思います。新しい安全保障法制を作り上げていくスタートであり、今後も緊張感をもって臨んでいくことが大事だと思います。
 岸 内閣の後、池田 勇人 首相が所得倍増計画を掲げられ、日本の経済の高度成長に橋渡しをしました。現在の自民党としては、切れ目のない安全保障法制を作った後は経済再生に全力投球をしていかなければなりません。今年の暮れまでの一勝負だと思いますので、引き続き国家国民のために何をなすべきか責任を果たしていかなければならないと思います。
 先週、日本の国債は中国や韓国より劣るシングルAランクに格下げされました。アベノミクスは道半ばであり、まだ評価できる段階ではありません。これを踏まえて、今後、実体経済にしっかりと反映させていくには何をなすべきかを我々は真剣に考えていかなければなりません。そういうことを国民の皆さま方に伝えることが来年の参議院選挙への国民の皆さま方へのアピールになると思います。平成研究会として引き続き緊張感をもって今後も国家国民のために頑張っていきましょう。