衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎自由民主党

ぬかが福志郎の今週の直言

2016年11月

2016/11/17

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 吉田 博美 参議院幹事長から参議院でもTPP承認案・関連法案について粛々と議論され、衆議院から送られた法案については全てしっかりと対応していくという話がありました。あと2週間で会期末ですから、一致結束して対応していきたいと思います。
 安倍 晋三 総理がAPECに向かっていますが、開催前にトランプ次期米国大統領と会談をするという事です。我々も注目をしていかなければなりません。全世界で初めて首脳と会うわけですから、多くの人達が注目をしています。
 先日、ブッシュ大統領時のシーファー元駐日米国大使が来られました。当時は共和党政権で、いろいろと意見交換をさせていただきました。シーファー元大使の話によると、トランプ次期大統領は、最近の日本の詳しい情報については、日本が丁寧に説明をした方がいいのではないかということでした。
 経済では、例えば80年代の貿易摩擦時代のイメージを持っている可能性がある。今日の日米関係が様変わりして、自動車一つをとっても、皆アメリカで生産をして雇用を確保している形をよく説明した方がいいのではないか、という話もありました。
 安全保障では、アメリカの共和党とわれわれ自民党には共通の面があります。日米同盟をしっかりしていこうという基本的な考え方も一緒でした。選挙中にいろいろな発言がありましたが、実状を丁寧に説明していくことによって、信頼関係を築いた方がいいのではないかという話がありました。それらは官邸にもお伝えしておきました。
 安倍総理は、しっかりと日米の信頼関係、そして日米の同盟関係がアメリカにもプラスになりアジア諸国にも求められている、そういうことをきっと話してくることになるだろうと推測していますし、期待したいと思います。
 シーファー元大使の話を参考のためにご紹介しました。われわれも日米同盟関係がもっとも大事ですから、支えていきたいと思います。

2016/11/10

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 国会も衆議院でTPP承認案・関連法案について大詰めを迎えています。竹下 亘 国会対策委員長、参議院の吉田 博美 幹事長それぞれご苦労なさっていると思いますが、我々はしっかりと支えて、やるべきことはきちんとやっていくという形を一致結束して守っていきたいと思います。
 11月2日に綿貫 民輔 先生が党紀委員会で復党が認められました。先生方からご署名を頂いた事に対して心からお礼を申し上げます。綿貫先生も大変喜んでおられました。然るべき時に、この意見交換会にも来ていただき歓迎したいと思います。
 11月3日~5日で日韓議員連盟の総会が韓国ソウルで開催されました。26人で総会に出席して率直な意見交換をしてくることができたと思います。
 ご承知の通り韓国政情は、朴 槿恵 大統領の友人をめぐる国政介入疑惑など大変な混乱状況になっていますが、いかなることがあっても議員外交はしっかりと継続をしていくこととし、両国の国会議員の基本的な考えに基づいて粛々とおこなってきました。我々は、12月に予定されている日本、韓国、中国の首脳会談を東京で開催したいと韓国側に要請し、朴 槿恵 大統領側にもその旨を伝えました。日韓議員連盟の代表として朴 槿恵 大統領と会談することは混乱の中で叶いませんでしたが、国会議員の代表を通じて我々の言い分についてはお伝えしました。日中韓首脳会談と日韓首脳会談が開催できるようにしていきたいと思います。
 昨年末に慰安婦問題について日韓合意をしましたが、韓国の「和解・癒し財団」に国税の約10億円を拠出していますので、我々は合意に基づきやるべき事はやっているので韓国側もしっかりとこれを守って、合意の実現について韓国政府も対応してほしいということ。それから議員側としてもお互いにサポートしてやっていきたいと約束をしてきましたので、ご報告をさせていただきます。
 日韓関係それからアメリカとの日米韓は、この北東アジアで一番大事な軸ですからアメリカの大統領が誰になろうと、この軸は守っていかなければならないと思います。アメリカ大統領選挙でのトランプ氏の勝利で市場では若干乱高下をしていますが、我々としては、大統領選挙を通じてトランプ次期大統領が政策的にどういうことを言っているかという事について、選挙戦では、あまり政策論争がなかったようなので、そういう事を見極めた上で日米関係あるいはアジアにおいて、どういう役割を果たしていくかについて、我々は主張すべきは主張していく事が大事だと思います。トランプ次期大統領の政策、あるいは共和党自身の政策はしっかりしていると思いますので、そういう事を見守りながら日米関係を従来の延長線上で、この世界の平和と安全の為に位置づけていくことが大事だと思いますので、お互いに勉強していきましょう。
 国会については後半にむけて皆さんと共に頑張っていくことを約束して、ご挨拶とします。