自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の今週の直言

2017年4月

2017/04/13

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 明日で熊本地震から1年を迎えます。木原 稔 先生、松村 祥史 先生は、いち早く現地に入って復旧、復興の先頭に立って働いていたことに、心から敬意を表します。
 我々自民党も一丸となって熊本の復興に全力投球をします。しかしながら、まだ道半ばということもあり、しかもなおかつ震災関連死を含めると200人余りの方が亡くなられているという事もありますので、皆さんも心から哀悼の意を表して頂き、そして引き続き、復興と再生のためにお互いに連携を取りながら頑張っていきたいと思います。
 東日本大震災の教訓を生かしてスピーディーな取り組みの結果、政府与党、そして被災地の皆さまが一丸となって取り組んでこられました。我々も風化させる事無く頑張っていきたいと思います。
 一方で朝鮮半島を巡る動きが緊迫感を高めています。4月15日は故 金日成 主席の生誕105年、そして4月25日は朝鮮人民軍の創設85年と「5」が付く日にいろいろな軍事的挑発が見られました。我々も注視していかなければならないし、関係国は朝鮮半島の核開発については、皆反対をしていますので、我々も朝鮮半島の核保有は認められないし、日本の脅威に結びついてきます。そういう事を念頭に置き、韓国も事実上、大統領選挙に入っています。いかなる大統領が誕生しても、それぞれパイプを繋いで日米韓の連携ができるようにしていかなければならないと思います。これは各先生方と共有できると思いますので、しっかりと注視していきたいと思います。
 国会は、いろいろと不安定な状況がありますが、我々は竹下 亘 国会対策委員長、吉田 博美 参院幹事長を中心としてスムーズな法案審議と、重要法案の早期成立を目指して頑張っていきましょう。ありがとうございました。

2017/04/06

平成研究会 意見交換会 会長あいさつ要旨

 皆さん、連日ご苦労様です。後半国会の重要法案であるテロ等準備罪の法案が今日から審議される事になっています。お互いに緊張感を持って側から足を引っ張る事が無いように、しっかりと協力していきたいと思います。竹下 亘 国会対策委員長、吉田 博美 参院幹事長もしっかりと頑張っていただきたいと思います。
 一方で北朝鮮の核開発問題が大きくクローズアップされています。そのうえで我々は日米韓の協力関係をしっかりとサポートして再構築していかなければならないと思います。
 韓国では5月に大統領選挙がありますが、いかなる大統領が誕生しようと、しっかりと情報交換をし、お互いに連携を取って日米韓の体制を作っていく事が大事だと思います。その意味で長嶺 安政 駐韓大使が韓国に戻られた事は、韓国との様々な情報交換が出来る形をつくっておく事が最も大事だという意味で、我々もサポートをしていく事が大事だと思います。
 お互いに国内問題や周辺の問題に大きな関心を持っていきたいと思います。宜しくお願いします。